• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃支援給付金お知らせサイトオープン

━━━━ 2020/07/06(第870号)━━━

■実践!社長の財務

 東京メトロポリタン税理士法人
  税理士 北岡修一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『家賃支援給付金お知らせサイトオープン』


●第2次補正予算が成立して、1か月以上経ちますが、
まだ、家賃支援給付金の申請受付けが、開始されません
ね...。

雇用調整助成金や、持続化給付金などで、いろいろ問題
が起こりましたので、慎重にやっているのでしょう。

もう少し待ちましょう。


●そんな中で、経済産業省が7月3日(先週の金曜日)
に、「家賃支援給付金に関するお知らせ」サイトをオー
プンしました。

改めて具体的な要件や、必要書類、Q&Aなどが公表さ
れていますので、対象になりそうな方は、確認してみて
ください。
→ https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html


概要をまとめてみます。

●対象となる事業者

1.資本金10億円未満の法人、フリーランスを含む個人
事業者

※医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、
 会社以外の法人も幅広く対象となります。

2.5月~12月の売上高について
・1か月で、前年同月比▲50%以上 または、
・連続する3か月の合計で、前年同期比▲30%以上

減少している場合。

※3か月の場合は、合計で見るのですね。

3.自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支
払っている
・駐車場や資材置場など、土地だけの賃借も含みます。
・自宅兼事務所の場合は、事務所部分のみの賃料が対象
です。


●給付額
法人の場合は、次のとおり

1.月額家賃が75万円までの部分は、2/3給付
2.75万円を超え225円までの部分は、1/3給付
3.1+2の6か月分を給付する

1の部分は最高50万円、2の部分も最高50万円で、合計
100万円。その6か月分で、最高600万円となります。

※2については、以前の情報では、複数店舗等の場合と
いうことでしたが、1店舗でも高額な場合には、該当す
るとのことです。

なお、個人の場合は、上記の半分ということになります。


●必要書類

1.賃貸借契約書や賃料の請求書
2.直近3か月の賃料支払い実績を証明する書類
 振込み明細書等、または通帳の写し
3.その他持続化給付金と同様の書類

※2の賃料支払い実績の書類が、新たに入っています。
すぐに申請できるようPDF化しておきましょう。


●なお、管理費や共益費も、賃貸借契約の中で、賃料と
一体的に取り扱われている場合は、対象になるとのこと。

ちょっとあいまいですが、賃貸借契約書の中に賃料と共
に、金額が明記されていれば、一体的な取り扱いになる
のではと思いますが。


●申請時期は、申請受付開始後、売上減少月の翌月~
2021年1月15日までの間、いつでも申請できます。

ただし、給付額は、申請時の直近1か月における支払賃
料に基づき算定されるとのことです。

したがって、大家さんから家賃の減額を受けている場合
は、減額された家賃がベースになる、ということですね。


●詳しくは、下記サイトをご覧ください。
→ https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

今から準備をしておき、申請受付が開始されたら、すぐ
に申請できるようにしておきましょう。

申請から入金までは、1か月くらいかかる見込みとのこ
とです。


━━━【セカンドオピニオン!】━━━

■税務、経営、事業承継、自社株対策等のセカンドオピニオン等を
ご希望の方、下記サイトにて、ご案内しています。

税理士セカンドオピニオン
現在の顧問税理士以外に、専門家の意見を聞いてみたいとお考えの
経営者・オーナー様必見!
 ⇒ https://www.tm-tax.com/2ndopinion/

━━━━━━【入会無料!】━━━━━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』
 http://www.tm-tax.com/souzoku/

相続の「かかりつけ医」として、いつでもご相談をお受けします。
 その他、無料診断、情報提供、定期セミナーなど開催しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━【相続税対策メルマガ】━━━━
相続相続税対策に関心のある方は、下記メルマガも是非、
お読みください。

【併せて読みたい「実践!相続税対策」】
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献
する。
◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中
小企業が、「強い会社」「儲かる会社」になるために、財務・会計
を中心に誠心誠意支援していく。

※是非、当社のHPもご覧ください。
http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など
→  kitaoka@tmcg.co.jp 
 お気軽にメールください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】東京メトロポリタン税理士法人
    http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一
    kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1
    新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991
【FAX 】03-3345-8992
──────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html
このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )
ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  

先日ある経営者向け勉強会(もちろんZoomですが)で、テ
レワークを継続するか、今までのように戻していくか、議
論がありました。感じとしては、半々くらいでしょうか?

日本のテレワークは先進国の中では、最も少ない、そのた
めに生産性が非常に低いのだ、とか、反対派は、やはり集
まってのコミュニケーションが非常に重要だ、とか様々な
意見が出ました。

でも、いずれも今悩んでいる最中、という感じでしたね。
降ってわいたテレワークの急増ですが、これが今後どちら
にいくのか、この数か月試行錯誤を繰り返しながら、わか
っていくのでしょうね。

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,158コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP