• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

社会保険料・労働保険料・所得税・住民税の納付の仕組みを知ろう

2023年9月15日号 (No.7 )



―――――――――――――――
■経理部ミニコラム
―――――――――――――――




本日のテーマ【源泉徴収・納付方法をマスターしよう!】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






~源泉徴収・納付方法について学ぼう~
はじめまして。CPAラーニングと申します。
簿記や会計・経理を無料で学べる e-ラーニングサイトを運営しています。
https://bit.ly/45czZm2

今回のコラムでは、経理部の月次業務の中でも「源泉徴収・納付方法」について解説していきます。

源泉徴収
源泉徴収とは、給料から税金などをあらかじめ差し引くことです。
源泉徴収では、税金と社会保険料労働保険料が徴収されます。
ここでの税金とは「所得税住民税」であり、社会保険料とは「健康保険介護保険厚生年金」のことです。
社会保険料従業員負担は半分であり、労働保険料のうち雇用保険料は一定割合従業員負担となっています。
これらの内容を把握しておくことで、一見複雑な給料の支払および源泉徴収の仕訳や源泉徴収の全体像を理解することができます。

納付方法
所得税住民税は給与支払月の翌月10日までに納付が原則となっています。
社会保険料は前月分を毎月月末までに納付、労働保険料は1年分を毎年7月10日までに概算納付することとなっています。
しかし、所得税住民税労働保険料は納期の特例があります。

もっと詳しく経理部の月次業務について学びたい方へ
CPAラーニングの「経理実務 入門」の講義では、源泉徴収・納付方法についてより詳細に解説しております。1回30分程度の講義で経理実務への理解がぐっと深まります。
さらに、源泉徴収・納付方法以外の月次業務についても講義で詳細に解説しておりますので、経理部に配属されたばかりの方や、興味がある方は是非講義をご覧ください。
メールアドレスの登録だけで、無料ですぐにご覧いただけます。
https://bit.ly/3s8WSZm

また、CPAラーニングでは、「日商簿記」、「会計・税務実務」、「Excel操作法」、「ビジネスマナー」等の社会人に必須のスキルまで無料で学ぶことができます。
「簿記を学習したいけれど、独学では不安だ。」、「Excelで何ができるのかいまいち分からない。」という方は、是非CPAラーニングの講座をご活用ください
https://bit.ly/45sCAIA

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Copyright(c) CPAラーニング All rights reserved

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┃■CPAラーニング 
https://bit.ly/3OL6mTD

┃■コラム
https://bit.ly/3KLvpU7

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絞り込み検索!

現在22,417コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP