• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の契約者変更にまつわる税金の話

┏┓■節税のツボとコツ:::納税する一般ピーポーへ謹呈
┗□─────────────────────────────□
 
 日本で二番、crocsサンダルの似合う物知り税理士
 渋~い節税のコツを綴ります。

┏━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
  税 務 徒 然 草  
┗━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



「子どもに掛けていた生命保険の契約者を

親である私から本人に変更しようと考えています。

保険料はずっと私が支払ってきましたが、

変更するとこれまでの分に税金はかかるのでしょうか」

という質問がありました。



子どもの就職や結婚を機に

生命保険の契約内容を見直すことは多いでしょう。

生命保険を契約する際は、

契約者(保険料の負担者)・被保険者・受取人を指定します。



このうち契約者と受取人は

途中で変更することができます。



保険契約の期間中に契約者を変更した場合、

この時点では保険金の支払いは発生していないため、.

それまで支払ってきた保険料

新たな契約者に贈与したことにはならず

税金はかかりません。



しかし、その後に解約返戻金や満期返戻金、死亡保険金などを

受け取る場合には税金の対象となります。



生命保険は契約者・被保険者・受取人の関係性で

受け取ったときの税金の種類が変わります。

それは「誰が保険料を支払っていたのか」

によって相続税贈与税などが

かかる場合があるということです。



満期を迎えて子どもが保険金を受け取った場合は、

親であるあなたが負担した部分は贈与税

子ども自身が負担した部分は

所得税の対象となります。



当然ですが、それぞれの税金の基礎控除額を

超えたときには契約者である

子ども自身が申告して納税する必要があります。



■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■
  発行人 税理士太田 彰
  Mail: akira@otax81.com
■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,217コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP