相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

正社員試用期間について

最終更新日:2014年03月05日 09:43

いつも拝見し勉強させていただいています。
このたび正社員を雇用することとなり、3か月間は試用期間とし時給制とすることになりました。勤務時間は9時から17時(昼休憩1時間)、月曜日から金曜日までとなります。
そこで質問です。
1.給与の計算はパート、アルバイトと同じく実働7時間で計算すればよいのでしょうか。
2.社会保険は一般社員の4分の3以上となるので加入するのでしょうか
3.雇用保険は加入するのでしょうか
4.住民税は給与天引きとすればよいのでしょうか

各手続、問い合わせ先なども合わせてお教えいただければ幸いです。
なにとぞご教授よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

Re: 正社員試用期間について

著者オレンジcubeさん

2014年03月06日 08:14

> いつも拝見し勉強させていただいています。
> このたび正社員を雇用することとなり、3か月間は試用期間とし時給制とすることになりました。勤務時間は9時から17時(昼休憩1時間)、月曜日から金曜日までとなります。
> そこで質問です。
> 1.給与の計算はパート、アルバイトと同じく実働7時間で計算すればよいのでしょうか。
> 2.社会保険は一般社員の4分の3以上となるので加入するのでしょうか
> 3.雇用保険は加入するのでしょうか
> 4.住民税は給与天引きとすればよいのでしょうか
>
> 各手続、問い合わせ先なども合わせてお教えいただければ幸いです。
> なにとぞご教授よろしくお願いいたします。

こんにちは。
1.時給制ということなので、時間給×所定労働時間で支給します。
 御社が所定労働時間を超えて直ぐに割増の対象となるのであれば
 所定労働時間超については残業代を支給。8時間を超えるまでは 
 割増の対象としないのであれば、7時間超8時間までは法定内残業
 として時間給×時間数で支給することになります。
2.社会保険に加入させてください。
3.雇用保険も加入させて下さい。
4.住民税はまずその方が納税する分があるのかどうか。 
 前職がある場合、退職する時期にもよりますが、一括徴収として
 支払が済んでいる場合もありますし、普通徴収に切り替わっている
 人であっても第4期が納付済みとなっています。
 上記の場合は、その方のご自宅に普通徴収の納付書が送られて
 きますのでそれを会社に提出してもらえば、6月以降特別徴収
 切り替えることが出来ます。

1~2
(2件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP