• HOME
  • 検索結果:基本給

検索結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

「 基本給 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:14

  • 季節限定で手当を支給、割増賃金

    割増賃金の算定基礎から除外できる賃金は、限定列挙されたもののみです。家族手当、通勤手当、別居手当、子

    著者:労働新聞社

  • 1歳2カ月まで育休可能なら育児

    従来は、育休中に支給される育児休業基本給付金のほかに、育休から職場復帰して6カ月間継続して勤務した者

    著者:労働新聞社

  • 高年齢再就職給付と在職老齢の併

    高年齢再就職給付金は、60歳以後に安定した職業に就き、再就職後の支給対象月に支払われた賃金額が、基本

    著者:労働新聞社

  • 賃金低下で60~65歳の労働者

    高年齢雇用継続給付とは、年齢が高くなることによる労働能力の低下や通常の勤務の困難化などに伴い、雇用保

    著者:労働新聞社

  • 60歳到達時より賃金減額、再就

    「高年齢雇用継続基本給付金」(雇用保険法第61条)は、被保険者として雇用されたとみなすことができる期

    著者:労働新聞社

  • パートを正社員登用、短時間なら

    パート従業員が被保険者となるか判断するうえで、1つの目安となるのが常用的使用関係の有無です。1日また

    著者:労働新聞社

  • 通勤手当の増減で随時改定行うか

    随時改定(月変)は、固定的賃金の変動月以後継続した3カ月間の報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分にあ

    著者:労働新聞社

  • 在職老齢と雇用継続給付の調整は

    定年後、嘱託等に切り替わると、賃金が低下するケースが少なくありません。収入減を補填する意味合いで雇用

    著者:労働新聞社

  • 勤務短縮して再雇用、被保険者で

    雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の労働者について、各月に支払われる賃

    著者:労働新聞社

  • 固定給のみで最低賃金判断か

    平成20年7月から施行されている改正最低賃金法および施行規則では、会社が支払う賃金が最低賃金を上回っ

    著者:労働新聞社

  • 出来高制でも基本給の保障は6割

    該当する条文は労基法第27条で、「出来高払制等で使用する労働者については労働時間に応じ一定額の賃金の

    著者:労働新聞社

  • 割増賃金が「役付手当分」超えた

    店長など一定のポストに付けば、役付手当が加算されます。しかし、役付手当を払えば、自動的に時間外割増等

    著者:労働新聞社

  • 定期代のみ給料日より先にほしい

    賃金は通貨で払うのが原則ですが、労働協約を結べば現物で支給できます(労基法第24条第1項)。従業員の

    著者:労働新聞社

  • 長時間の宿直勤務で手当額どうな

    労基署長から宿直・日直に関する許可を受けた場合、労基法上の労働時間・休憩・休日の規定は適用されません

    著者:労働新聞社

1 ~ 14(14件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP