• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

育児介護休業などの「申出」と「請求」を区別していますか?

こんにちは。社会保険労務士の田中です。

今回は育児介護休業の「申出」と「請求」についてお伝えします。

貴社の育児介護休業規程では、休業や休暇、所定外労働の制限など
細かく規定されていると思います。ところで、これらの制度を使いたい時に
従業員が会社に「申出」とするか「請求」とするかを区別していますか?

「申出」と「請求」が混在する規程も散見されますのでご注意ください。
それぞれの違いは次の通りです。

「申出」・・・事業主は拒むことができない。
「請求」・・・事業主は事業の正常な運営を妨げる場合は拒める。

続いて育児介護休業法で定められた「申出」「請求」を整理してみます。

「申出」と定められている制度
育児休業介護休業看護休暇介護休暇所定労働時間の短縮措置

「請求」と定められている制度
所定外労働の制限・時間外労働の制限・深夜業の制限

ところで、「正常な運営を妨げる場合」とはどのような事でしょうか?
これは『当該労働者の所属する事業所を基準として、当該労働者
担当する作業の内容、作業の繁閑、代行者の配置の難易等諸般の
事情を考慮して客観的に判断すべきものであること』とされています。

しかし、ここでの「客観的な判断」は難しいのではないでしょうか。
実務上は「申出」「請求」ともに、制度を利用したい従業員
気持ちよく取らせてあげる、という事が望ましいです。

それと、育児介護休業法は度重なる法改正があり、
育児介護休業規程が、法改正を反映しきれていない、
制度利用の申出を拒める定めをしているにも関わらず、
労使協定を締結していない、などの課題がある事も散見されます。

ご不安のある企業様には就業規則診断をご提供しております。
http://www.tanakajimusho.biz/rulebook

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

=============================================
田中事務所  特定社会保険労務士 田中理文
(立川・渋谷・新宿 で主に仕事をしています。)

従業員 50人~300人企業の、
社会保険の手続きはお任せください!

http://www.tanakajimusho.biz/ 

従業員 10人~2,000人企業の、
労務相談に多くの実績があります!
労使トラブルは従業員数に関係なく発生します。
「転ばぬ先の杖」
ご安心のために、いつでも当所が貴社をサポートします。

=============================================

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,824コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP