• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

社会保険の適用拡大 従業員数は、厚生年金の被保険者数

こんにちは。社会保険労務士の田中です。

引き続き新型コロナウイルスへの注意が必要ですが、
季節的にインフルエンザにもご注意ください。

さて2022年10月から社会保険の適用拡大となります。
厚労省から各社にお知らせが届いていると思いますが、
企業規模について誤解を生みやすい表現があります。

対象は「従業員数101人以上の企業」となっていますが、
ここでの「従業員数」は正しくは
「現在の厚生年金保険の適用対象者」です。
厚労省のサイトを見ていくとこの表現も出てきます。↓
https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/jigyonushi/

「対象企業」バナーの矢印をクリックすると、
図表とともに赤字で記載されています。

次のようにも説明しています。

「フルタイムの従業員数」
      +
「週労働時間がフルタイムの3/4以上の従業員数」

つまり、従業員数には2022年10月時点において
週30時間未満で働く従業員(パート・アルバイト等)は含みません。

厚労省からのお知らせはじめ、各種の情報では、先ず始めに
従業員数」と表記されている事が多いのでご注意ください。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。(2021.11.05)

==============================================
社会保険労務士 田中事務所 プライバシーマーク取得 オンライン対応可能
https://www.tanakajimusho.biz/
(中央線、南武線、東横線、根岸線 の各沿線に注力しています。)
☆ 労務トラブルの予防・解決
☆ 貴社の人事労務に関する施策立案
☆ 日常の細かなご相談 
月額33,000円(消費税込み)~ の人事労務相談で対応します。
==============================================



絞り込み検索!

現在22,409コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP