• HOME
  • 検索結果:雇用保険

検索結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

「 雇用保険 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:78

  • 予告期間は暦日計算?休日や欠勤

    解雇予告の規定(労基法第21条)は「日々雇い入れられる者」には適用されませんが、「1カ月を超えて引き

    著者:労働新聞社

  • 証明書の交付要求で退職理由を指

    退職した従業員から使用期間・業務の種類・地位・賃金・退職事由について証明書を請求された場合、使用者は

    著者:労働新聞社

  • 地方営業所で労災発生、本社が給

    通常、労働保険関係は事業場ごとに成立しますが、事務処理の便宜と簡便化を図るため、一定要件を満たす場合

    著者:労働新聞社

  • 賃金を全額支払う出向元が保険料

    出向労働者が出向先事業の組織に組み入れられ、出向先事業場の他の労働者と同様の立場(身分関係や賃金関係

    著者:労働新聞社

  • 有期契約期間の満了、解雇通知書

    退職証明について、「労働者が退職の事由(解雇の場合は、その理由)について証明書を請求した場合、遅滞な

    著者:労働新聞社

  • 〝臨時工〟だと除外?加入資格に

    労災保険の適用労災保険の加入資格には制限がないかというご質問ですが、全く制限がないわけではありません

    著者:労働新聞社

  • 雇用保険成立届提出を怠ると手続

    平成22年3月31日に改正雇用保険法等が公布され平成22年10月1日から施工されています。併せて改正

    著者:労働新聞社

  • 雇用保険率に等級?上・下限存在

    雇用保険の被保険者が負担すべき保険料は、労働保険徴収法第30条に規定されています。一元適用事業(労災

    著者:労働新聞社

  • 季節的業務に雇用する労働者、週

    原則、1週間の所定労働時間が20時間未満である者(日雇労働被保険者を除く)は、一般の被保険者資格を取

    著者:労働新聞社

  • 加入要件が31日以上へ短縮で派

    派遣労働者も、同時に「有期契約労働者」である場合には、一般のパート等と同様に「31日以上雇用見込み、

    著者:労働新聞社

  • 31日以上働く学生は加入か

    改正法では、「雇用見込み期間」「学生の扱い」など、従来、業務取扱要領に記載されていた事項が法律の本則

    著者:労働新聞社

  • 季節的な業務に従事、週20時間

    短期雇用特例被保険者とは、「季節的に雇用される者のうち次の各号のいずれにも該当しない者(日雇労働被保

    著者:労働新聞社

  • 31日以上雇用の見込みで加入確

    事業主が被保険者資格取得の届出を行わず、雇用保険に未加入となっていた場合でも、被保険者となったことが

    著者:労働新聞社

  • 同じバイトを使う予定ですが、資

    登録型の派遣労働者については、被保険者資格の特例があります。雇用契約期間が満了しても、引き続き同一の

    著者:労働新聞社

  • 雇保の手続き漏れは在職中でも記

    厚生労働大臣は、事業主の届出、雇用保険の被保険者または被保険者であった者の請求により、被保険者となっ

    著者:労働新聞社

  • 雇用保険の受給資格、希望退職な

    希望退職は、会社の募集に応じて本人が退職を選択するもので、会社による解雇ではありません。しかし、転職

    著者:労働新聞社

  • 加入要件を短縮予定、31日勤務

    短時間就労者(週の所定労働時間が正社員より短く、40時間未満の者)は、従来、「6カ月以上雇用見込み」

    著者:労働新聞社

  • 加入要件が31日以上へ短縮?

    派遣労働者も、同時に「有期契約労働者」である場合には、一般のパート等と同様に「31日以上雇用見込み、

    著者:労働新聞社

  • 吸収合併で被保険者証は回収か

    子会社の吸収合併について、社会保険と労働保険を分けて考えてみます。健康保険や厚生年金については、子会

    著者:労働新聞社

  • 受給資格満たさず退職するが離職

    基本手当は、原則として「離職の日以前2年間(算定対象期間)に被保険者期間(賃金の支払基礎日数11日以

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(78件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP