相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

フレックスタイム制の残業割増率について

著者 aiueowith さん

最終更新日:2020年09月24日 07:19

フレックスタイム制についてご教示ください


フレックスタイム制導入予定です。
【制度概要】
コアタイム 10時〜15時
◎フレキシブルタイム 6時〜10時、15時〜22時間
◎清算期間 1か月
法定休日 日曜日


例えば、
20日×8時間=所定労働時間160時間の月があったとします。
160時間を超えた分からが残業の扱いとなりますよね?
⑴「150時間+深夜労働10時間」で計160時間働いた場合、深夜労働10時間の割増は何%ですか?
⑵「160時間深夜労働10時間」で計170時間働いた場合、深夜労働10時間の割増は何%ですか?
⑶「150時間+法定休日労働10時間」で160時間働いた場合、法定休日労働10時間の割増は何%ですか?
⑷「160時間+法定休日労働10時間」で170時間働いた場合、法定休日労働10時間の割増は何%ですか?
⑸ 「150時間+法定休日深夜労働10時間」で160時間働いた場合、法定休日深夜労働10時間の割増は何%ですか?
⑹ 「160時間法定休日深夜労働10時間」で170時間働いた場合、法定休日深夜労働10時間の割増は何%ですか?

所定労働時間の範囲内の各残業の割増率と、所定労働時間の範囲内の各残業の割増率の違い・考え方がよくわかりません。

また、【法定労働時間の総枠】の意味と考え方もよくわかりません。
上記質問と併せて教えていただけないでしょうか。

スポンサーリンク

Re: フレックスタイム制の残業割増率について

著者村の長老さん

2020年09月24日 08:57

> フレックスタイム制導入予定です。
> 【制度概要】
> ◎コアタイム 10時〜15時
> ◎フレキシブルタイム 6時〜10時、15時〜22時間
> ◎清算期間 1か月
> ◎法定休日 日曜日

上記が設定条件とのこと。追加で労使協定には各月の所定労働時間を決めておく必要があります。また法定休日は書かれていますが、所定休日の記載がありません。フレックスは休日までも労働者に裁量させる制度ではありません。

以上のことを踏まえて、ある月の所定が160hとのことですが、法定と所定の差である、いわゆる法定内残業の扱い(割増率)は就業規則でどう決めていますか。更に貴社の各割増率は法定の最低率なのでしょうか。それがわからないと回答ができないと思います。

質問の最後に書かれていますが、「所定」と「法定」の意味の差を理解されれば、自分で回答できると思いますよ。大事な文言、差ですからググって自分で確認した方が覚えられますよ。

Re: フレックスタイム制の残業割増率について

著者aiueowithさん

2020年09月24日 10:07

村の長老様

ご回答ありがとうございます。
追記します。

追加で労使協定には各月の所定労働時間を決めておく必要があります。
>作成途中ではありますが、所定労働時間については「清算期間中の所定労働日数×8時間」と定める予定です。

また法定休日は書かれていますが、所定休日の記載がありません。
>土曜日が所定休日となります。

以上のことを踏まえて、ある月の所定が160hとのことですが、法定と所定の差である、いわゆる法定内残業の扱い(割増率)は就業規則でどう決めていますか。
>1.0としています。

更に貴社の各割増率は法定の最低率なのでしょうか。それがわからないと回答ができないと思います。
>最低率です。

質問の最後に書かれていますが、「所定」と「法定」の意味の差を理解されれば、自分で回答できると思いますよ。大事な文言、差ですからググって自分で確認した方が覚えられますよ。
>簡単に「所定」は企業で定めている時間、「法定」は労基法で定められた時間、で合っていますでしょうか。
弊社が労使協定で定める所定労働時間だと、月の暦日数が29日の場合160時間となります。ですが【所定労働時間の総枠】は165.7時間となりますよね。そうなると、165.7時間-160時間=5.7時間までは法内残業、165.7時間を超えた残業からは普通残業ということでしょうか。

Re: フレックスタイム制の残業割増率について

著者プログレス合同会社さん

2020年09月25日 15:08

> 弊社が労使協定で定める所定労働時間だと、月の暦日数が29日の場合160時間となります。ですが【所定労働時間の総枠】は165.7時間となりますよね。そうなると、165.7時間-160時間=5.7時間までは法内残業、165.7時間を超えた残業からは普通残業ということでしょうか。

所定労働時間の総枠】→【法定労働時間の総枠】ですね。

意味としては、割増賃金を支払わなくてもすむ労働時間の上限になり、週(7日)40時間を元に計算できます。
暦日数29日 40時間×(29日÷7日)≒165.7時間

フレックスで月清算の場合、暦日数が29日、所定労働時間が160時間ですと
 160.0時間までは所定内なので残業なし
 160.0時間以上165.7時間までは法定労働時間の総枠内なので割増0%の残業
 165.7時間を超えた時間が割増25%の残業
となり、その上で深夜(+25%)や休日(+35%)の時間分を「加算」します。

ですので、ご質問の(1)~(6)のすべてにおいて、深夜労働割増は25%、法定休日労働割増は35%、法定休日深夜労働割増は60%になります。

村の長老さんが「所定」と「法定」の意味の差を理解されれば、自分で回答できるおっしゃったのはこういうことだと思われます。

Re: フレックスタイム制の残業割増率について

著者村の長老さん

2020年09月25日 15:45


> 質問の最後に書かれていますが、「所定」と「法定」の意味の差を理解されれば、自分で回答できると思いますよ。大事な文言、差ですからググって自分で確認した方が覚えられますよ。
> >簡単に「所定」は企業で定めている時間、「法定」は労基法で定められた時間、で合っていますでしょうか。

⇒ その通りです。

> 弊社が労使協定で定める所定労働時間だと、月の暦日数が29日の場合160時間となります。ですが【所定労働時間の総枠】は165.7時間となりますよね。

⇒ここは「所定」ではなく「法定」ですよね。更に「総枠」という言い方より「上限時間」といった方が誤解されませんよ。総枠という言い方は残業も含むのかと思ってしまいます。

そうなる
と、165.7時間-160時間=5.7時間までは法内残業、165.7時間を超えた残業からは普通残業ということでしょうか。

法定内残業はその通りですが、普通残業という言い方は一般には使わないので、様々な解釈をされかねません。ここでは理解できますけどね。

1~5
(5件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP