スポンサーリンク

  • HOME
  • 検索結果:労災保険

検索結果

「 労災保険 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:74

  • 解雇予告手当の計算方法は?

    平均賃金は、原則として、「事由の発生した日以前3カ月間の賃金総額を、その期間の総日数(暦日数)で除し

    著者:労働新聞社

  • 業務上負傷し待期期間中の休業補

    業務上の事由による負傷・疾病について、病院や診療所で治療を受けると労災保険から療養補償給付が支給され

    著者:労働新聞社

  • 地方営業所で労災発生、本社が給

    通常、労働保険関係は事業場ごとに成立しますが、事務処理の便宜と簡便化を図るため、一定要件を満たす場合

    著者:労働新聞社

  • 現場移動する建設業、特別加入も

    一人親方が特別加入を申請して、政府の承認があったときは、一人親方その他の自営業者の団体を事業主、一人

    著者:労働新聞社

  • 高校中退者をバイト採用、学生以

    満18歳未満の年少者を使用する使用者は、「年齢を証明する戸籍証明書を事業場に備え付ける」義務を負いま

    著者:労働新聞社

  • 賃金を全額支払う出向元が保険料

    出向労働者が出向先事業の組織に組み入れられ、出向先事業場の他の労働者と同様の立場(身分関係や賃金関係

    著者:労働新聞社

  • 社員同士の事故も労災?第三者行

    労災保険法第12条の4にいう第三者とは、保険者(政府)および被害労働者以外の者であって、当該災害につ

    著者:労働新聞社

  • 階段代わりに設置したはしご道使

    はしご道については、安衛則第556条第1項に、以下のような安全基準が規定されています。①丈夫な構造と

    著者:労働新聞社

  • 対策とれず費用徴収が心配です。

    墜・転落の定義転落とは、ころがり落ちることです。これと違って墜落というのは、高い所からどしんと落ちる

    著者:労働新聞社

  • 平成22年から労災へ統合になり

    ご質問のように、平成22年1月1日から、船員に対しては労災保険法が適用されるようになりました。では、

    著者:労働新聞社

  • 事業主責任の事故が発生しました

    求償しない場合労災保険法第12条の4第1項をみると、政府は、保険給付の原因である事故が第三者の行為に

    著者:労働新聞社

  • 労基の災害補償と関係、違うのは

    災害補償事由について労基法の規定で、労災保険に最も大きな影響を及ぼすのは第何条かといいますと、それは

    著者:労働新聞社

  • 遺族年金で夫の死亡前に妻が就職

    遺族補償年金を受けることができる遺族は、「配偶者、子など一定範囲の親族で、労働者の死亡当時その収入に

    著者:労働新聞社

  • 老齢の両親が居住する帰省先へも

    労災保険法第7条でいう通勤とは、労働者が就業に関する移動を合理的な経路および方法で行うことをいい、①

    著者:労働新聞社

  • 入社直後でも特別支給金?

    労働者が業務上災害で障害が残った場合、いわゆる労災保険給付のほか、社会復帰促進等事業から障害特別支給

    著者:労働新聞社

  • 家族帯同で転勤先から移動、帰任

    赴任先住居と自宅間で発生した事故が通勤災害と認められるのは、単身赴任者の場合に限られます(労災保険法

    著者:労働新聞社

  • 休業日数のカウント方法は夜勤で

    一部休業日休業というのは作業を休むことですから、労働時間の一部を休んでも、その休んだ時間は休業したと

    著者:労働新聞社

  • 社長1人の法人でも労災に加入か

    健康保険の適用事業所は、①法で定められた16業種に属する事業所であって、常時5人以上の従業員を使用す

    著者:労働新聞社

  • 暦月の半ばに死亡したとき、労災

    まず最初に申し上げたいことは、労働者が死亡したり障害を残した場合に給付されるのは、年金だけではないと

    著者:労働新聞社

  • 経路が届出と異なるが通災か

    通勤とは、就業に関し、①住居と就業の場所との間の往復、②就業の場所から他の就業の場所への移動、③住居

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(74件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP