• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

入社日が休日の場合、社会保険の加入は入社日?初出勤日?

こんにちは。社会保険労務士の田中です。

今年は梅雨の明けた8月から急に暑くなっています。
今日も暑くなりそうです。水分を意識的に補給して、
体調の管理にご注意ください。

---------------------------------------------------------------------------------
メルマガ配信しています。ご希望の方はこちらまで↓
https://web.gogo.jp/tanakajimusho/form/form
「お問い合わせ内容」に「メルマガ希望」と入力してご送信ください。
総務の森」コラムとは異なる内容で情報発信しています。
---------------------------------------------------------------------------------


よく次のようなご質問を頂きます。

『 8月1日から入社する者がいます。しかし、8/1は土曜日であり、 
  当社の休日です。最初に出勤するのは8/3の月曜日ですが、
  社会保険雇用保険の加入は8/1と8/3のどちらにすべきでしょうか? 』

雇用契約の初日は1日とするケースが多いです。
または賃金計算期間の初日とする事もあります。

ご質問にあてはめると、雇用契約の初日は8/1ですが、
たまたま当日が会社の休日にあたっただけですので、
社会保険雇用保険の加入は8/1とすべきでしょう。


☆☆☆☆ 加入日は、初出勤日とした場合の問題は? ☆☆☆☆

8/1(土)でも8/3(月)でも大きな違いはないのでは?
という疑問も出てくるでしょう。

確かに、どちらの日でも社会保険料は変わりません。
退職の場合は変わりますので、改めてお伝えします。)
しかし、次のような問題が生じます。

雇用保険被保険者期間が短くなる。
  離職して転職先を探す時に基本手当失業給付)をもらいます。
  基本手当の給付日数は被保険者期間が長くなると増えます。↓
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html

  例えば、自己都合で退職した場合、被保険者期間
  10年未満であると90日
  10年以上であると120日 
  となります。

  ご質問のケースでは8/1と8/3では2日間の差が生じます。
  この2日によって、10年以上になるか否か、という事に
  なる可能性もあります。

社会保険被保険者期間が前職との間で断続してしまう。
退職後に傷病手当金出産手当金をもらう場合の条件の一つに
「1年以上の被保険者期間」があります。 ↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r307/#q6
健康保険法 第104条)

そして、「1年以上の被保険者期間」は転職をするなどして、
会社が変わった場合でも通算されますが、それは、
1日の断続期間もない場合に通算されるという事です。

つまり、ご質問のケースで入社予定の人が前職を7/31で退職して、
同日まで健康保険被保険者であった場合、8/1の社保加入であれば
被保険者期間に1日も断続がないですが、8/3だと断続となります。


従いまして、ご質問のケースでは雇用契約の開始日である、
8月1日を社会保険雇用保険の資格取得日としてください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。(2020.08.12)


==============================================
   田中事務所  特定社会保険労務士 田中理文

社会保険労働保険の手続きを代行しています。
社労士有資格者や健保組合出身者による確実な仕事

https://www.tanakajimusho.biz/tetsuzuki
==============================================



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,709コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP