スポンサーリンク

  • HOME
  • 検索結果:届

検索結果

「 届 」についての検索結果です。

労働実務事例集

検索結果:63

  • 非組パートに残業命じたいが、労

    労基法第36条の規定による時間外・休日労働に関する協定(36協定)は、本来禁止されている時間外・休日

    著者:労働新聞社

  • 3カ月単位で36協定更新なら時

    別に通常枠の年協定が必要です。36協定では1日および1日を超える一定の期間の延長時間を定めます(労基

    著者:労働新聞社

  • 36協定の回数守りたいが休日出

    36協定を締結する際、労基署に提出する協定届に記載しなければならない事項は以下のとおりです(労基則第

    著者:労働新聞社

  • 時季による繁閑大きい、変形制で

    1年単位の変形労働時間制を採れば、対象期間として定められた期間を平均し1週間当たりの労働時間が40時

    著者:労働新聞社

  • 法内残業で1日30分、時間外の

    時間外・休日労働協定(36協定)の締結、届出が必要なのは、使用者が法定労働時間(原則として1日8時間

    著者:労働新聞社

  • 事業場外の労働時間算定、みなし

    営業社員などは、始業・終業時刻が決められていても直行直帰が常態となっている場合は、労働時間の算定が困

    著者:労働新聞社

  • 始業・終業 繰上げ繰下げ制教え

    労基法の労働時間の規制は「実労働時間」を対象としており、労働者の遅刻、早退などで現実に就労しなかった

    著者:労働新聞社

  • 半年間の時間外限度は?3カ月1

    36協定を締結する際は、業務の種類や労働者数、時間外労働をさせる必要のある具体的事由のほかに、①有効

    著者:労働新聞社

  • 恒常的な土曜出勤命令は休日労働

    労基法第32条は法定労働時間を1週40時間、1日8時間と定めています。また、毎週少なくとも1日の休日

    著者:労働新聞社

  • 社員同士の事故も労災?第三者行

    労災保険法第12条の4にいう第三者とは、保険者(政府)および被害労働者以外の者であって、当該災害につ

    著者:労働新聞社

  • 経路が届出と異なるが通災か

    通勤とは、就業に関し、①住居と就業の場所との間の往復、②就業の場所から他の就業の場所への移動、③住居

    著者:労働新聞社

  • フレックス制の適用部門で休日出

    フレックスタイム制とは、一口に「労働時間を自由に選択できる制度だ」といいます。このため、管理監督者や

    著者:労働新聞社

  • 雇用保険成立届提出を怠ると手続

    平成22年3月31日に改正雇用保険法等が公布され平成22年10月1日から施工されています。併せて改正

    著者:労働新聞社

  • 31日以上雇用の見込みで加入確

    事業主が被保険者資格取得の届出を行わず、雇用保険に未加入となっていた場合でも、被保険者となったことが

    著者:労働新聞社

  • 雇保の手続き漏れは在職中でも記

    厚生労働大臣は、事業主の届出、雇用保険の被保険者または被保険者であった者の請求により、被保険者となっ

    著者:労働新聞社

  • 吸収合併で被保険者証は回収か

    子会社の吸収合併について、社会保険と労働保険を分けて考えてみます。健康保険や厚生年金については、子会

    著者:労働新聞社

  • 外国企業へ数年間派遣、資格喪失

    外国において就労する場合には、海外視察のために出張する場合、海外駐在員として一定期間海外の支社に勤務

    著者:労働新聞社

  • 職業訓練で手当が出る!?受給手

    公共職業訓練とは、国や都道府県が職業訓練校を設置したり、民間の大学等に委託して、職業に必要な知識・技

    著者:労働新聞社

  • 手続されたか不安なので被保険者

    事業主が雇用保険の被保険者となる労働者を雇い入れたにもかかわらず、ハローワークに資格取得届を提出しな

    著者:労働新聞社

  • 就業規則の変更・届出、各支店で

    使用者は、就業規則の作成または変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合

    著者:労働新聞社

1 ~ 20(63件中)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP